外車が好きな人は運転が好きで、高速走行の安定性に惚れこんでいるという共通点があります。

外車が好きな人の共通点
外車好きな人は、何台も同じメーカーの外車を乗り継ぐ共通点を持っています。

 

最初はステータスや高級車メーカーのブランド力に魅力を感じて購入していても、国産とは違う乗り味に惚れ込んでコアなユーザーになっていく方が多いです。
外車が好きな人の共通点をまとめました。

 

 

周囲から一目置かれたい

トップページで紹介しているように、外車には国産を上回るステータスやブランド力があります。
外車は車種のことを理解している人が少ないです。

 

トヨタだとクラウンは高級車、カローラやプリウスは大衆車だということを多くの人が認識しています。

 

外車は、ベンツに乗っていればクラスに関係なく凄いと周囲から言われるなど、メーカーそのものにブランド力があります。
上位車種を見ると日本車にはない大排気量エンジンを搭載した車種が用意されていて、ワンランク上の走りを手に入れられます。

 

このように外車は、高所得者から平均的な所得の人まで喜ばせるラインナップを持っています。

人とは違う個性的な車に乗りたいなら「スペイン車」がおすすめ

 

周囲の車の反応が違う

ベンツ、BMW、ポルシェなどの有名メーカーで、なおかつ車高が低かったりボディサイズが大きい車種は、道路を走っていて周囲の車が道を譲ってくれることが多いです。
運転すると、自分の思い通りに周りの車が反応するようになるので気持ちよくドライブできます。

 

 

高速走行の安定性が病みつきになる

世界的トップメーカーが多いヨーロッパは制限速度がないアウトバーンをはじめ、日本よりも高速走行する比率が高いです。

 

欧州車は国産に比べて高速走行時の安定感が高いメリットがあります。

 

渋滞が多い場所では国産の方が優れている面もありますがスピードを出すと、国産高級車を上回る安定感やどっしりした感じを味わえることから、一度乗ると国産には戻れなくなってしまう人が多いです。

 

 

ディーラーの営業マンと仲が良い

外車は国産車に比べて販売台数が少なく、営業マンの力量がないと売れません。
全体的に外車ディーラーは営業マンの平均年収と品質が高いです。

 

車だけではなく、ディーラースタッフのサポート体制に惚れ込んで同じディーラーや同じ営業マンから何台も車を買う人が多いです。

 

 

そもそも運転が好き

車は移動手段としての実用性だけではなく、運転することでストレス解消や気分転換をできるメリットがあります。

 

外車に乗る人は公共交通機関を使った方が便利な場所であっても車移動を選択することが多いです。

 

最低限の移動ツールではなく、時間があれば目的もなくドライブに出かけたり、車で出かけると楽しい場所を休日のお出かけ先に選びます。

 

運転が好きな人は、コスパに優れた国産車では満足できなくなり、ステータスや走りが優れている外車にステップアップする比率が高いです。