独創的なデザインと高い性能に魅了されフランス車に乗り換える方もいます。

・フランス車の魅力

 

 

・日本で人気を集めつつあるフランス車

 

 

日本は世界でも有数の自動車生産国として知られており、さらに自動車の保有率も世界でトップクラスの高さを誇っています。そのため、日本国内でのシェアはそのほとんどを国産車が占めており、国産車よりも価格が高い輸入車を保有する人は一般的に「お金持ち」と呼ばれる人々であることがほとんどです。しかも日本国内における外国からの輸入車の分野ではドイツ車が幅を利かせており、それ以外の国から輸入される自動車についてはそれほど人気は高くないというのが現状です。そんな中、日本における「フランス車」の知名度や評価については他国からの輸入車に比べると影が薄い存在となってはいますが、一部のマニアの間では個性的なフランス車への人気や評価が徐々に高まってきています。フランスでは主に「ルノー」と「プジョー」、「シトロエン」と呼ばれる3大メーカーが有名ですが、他にもヴェンチュリーやブガッティのような世界でも屈指の「スポーツカー・メーカー」が存在しています。最近では自動車マニアの間でフランスの旧車についても話題になっており、中でも一昔前まで「大衆車」と呼ばれていた自動車が人気を集めています。

 

 

・フランス車の魅力について

 

 

日本ではまだそれほど知名度は高くないフランス車ですが、その独特のデザインと高い性能に惹かれて国産車からフランス車に買い換える人も増えてきています。フランス車の魅力は何と言ってもそのしなやかな「サスペンション」にあります。フランスのシトロエン社が開発したハイドロニューマチック・サスペンションは窒素ガスとオイルを金属バネのように利用する独特のサスペンションとしても知られており、路面を非常にスムーズな形で走行する事が出来ます。人によっては「まるで宙に浮いたまま走行している」という感覚を味わえるほどの優れた走行が実現されています。また、フランス車はシートにこだわっている自動車も多く、長時間の走行や渋滞時に疲れにくい事でも有名です。