外車の購入をお考えの方は、外国車の善し悪しも知っておきましょう!

・外車のデメリットとは?

 

 

・外車の魅力とメリット

 

 

日本国内には世界的な知名度を持つ自動車メーカーが数多く存在しており、さらに国内シェアもそのほとんどが国内メーカーによって牛耳られている状況です。しかし、そんな中でも外国から輸入された所謂「外車」と呼ばれる自動車にも一定の人気が集まっており、ベンツやBMW、ポルシェといった有名ブランドを好む人も数多く存在しています。外車の魅力は何と言っても日本車には無い独特のデザインや装備、シートの仕様を楽しめる事です。また、外車は誰もが一度は乗ってみたいと思う特別な存在であり、価格が高いというイメージも相まって「憧れ」にも似た感情を抱く人も数多く居ます。また、外車を選ぶメリットとしては「個性が強いので他者との区別が容易である事」や「モデルチェンジまでの期間が長い事」、「型落ちし難いこと」などが挙げられます。また、一昔前までは高級なイメージが強かった外車ですが、今では日本車とそれほど変わらない価格で購入できる外車も多く輸入されていますので、昔に比べると外車に乗り易い環境が整いつつあります。

 

 

・外車のデメリット

 

 

外車に憧れている人は多いかと思いますが、外車を選ぶメリットがある一方で幾つかの「デメリット」も存在しているので把握しておく必要があります。外車のデメリットとしてはまず第一に「燃費性能が悪い事」が挙げられます。日本国内の自動車メーカーは世界的に見てもトップクラスの技術を有しており、外国の自動車に比べて燃費性能が「2~3倍」ほど優れている事も珍しくはありません。また、外車のデメリットとしては「故障した際の修理費が高額になる」という点も挙げられます。外車は日本車に比べると部品の調達がし難いため、どうしても修理費が高額になりがちです。さらに外車は一般的に壊れやすいと言われており、日本車に比べると修理費や維持費が高額になりやすい傾向があるという点も大きなデメリットと言えます。