オランダ車は日本の軽自動車やコンパクトカーのようなデザインのものが多いです。

オランダ車の魅力

 

オランダを代表する自動車メーカー

日本やアメリカ、ドイツといった国々は世界的に見ても「自動車大国」の名に相応しい実績と知名度を有していますが、「オランダ」と聞いて自動車をイメージする人は現代の日本ではほとんど居ないのが現状だと思います。

 

しかし、私たちの住む日本ではあまり知られていませんがオランダにも幾つかの自動車メーカーは存在しており、中には高級スポーツカーを生産しているメーカーもあります。

 

オランダではネッドカー」と呼ばれる乗用車メーカーが有名ですが、このネッドカーは元々日本の三菱自動車とアメリカのボルボ社、そしてオランダ政府による合弁事業で生まれた自動車メーカーでした。

 

しかし現在は日本の三菱自動車の子会社となっており、コルトなどの製造や販売をメインに行っています。

 

オランダの高級スポーツカーと言えば「スパイカー・カーズ」が有名ですが、このスパイカー・カーズで製造されたスポーツカーはF1やル・マンなどの世界的なレースにも参戦するほど優れた性能を有しています。

 

 

オランダ車の特徴と魅力を紹介

自転車大国として知られるオランダでは自動車による移動はあまり一般的ではありませんが、公道を走る車を見てみると全体的にコンパクトな自動車が多い印象を受けます。

 

また、オランダ車のデザインは日本車の中でも軽自動車やコンパクトカーに似たものが多く、比較的サイズの小さな自動車が好まれる傾向があるように見受けられます。

 

しかし、中には「スパイカー・カーズ」が製造する自動車のようにゴリゴリのスポーツカータイプの自動車も走行しており、その中でもスパイカーのスポーツカーはまるでフェラーリを彷彿とさせる特徴的なデザインとなっています。

 

スパイカー・カーズが製造するスポーツカーのデザインは確かにフェラーリを彷彿とさせるものですが、その中にもスパイカー・カーズ独自の個性が散りばめられており、カーマニアの間では高く評価されています。

 

現在では「C8スパイダー」と呼ばれる車種をメインに販売しており、日本で購入しようとすると3500万円は下らないと言われています