芸術の国イタリアならでの車のデザインが特徴です。

官能的なフォルムとデザインが魅力的なイタリア車

マセラティ白の画像

女性に例えるならルパン3世に出て来る峰不二子の様な車…。
イタリア車はそんな官能的なフォルムとデザインが魅力です。
とにかく乗っていて楽しい!とドライバーのテンションが一番高い車がイタリア車です。イタリア車に乗れば悩みも吹っ飛びそう、そんな底抜けに明るいイタリア車の魅力を追求してみましょう。

 

 

 

イタリア車の特徴

マセラティ黒の画像

フィアット、アバルト、アルファロメオ、マセラティ、フェラーリ…。
マセラティを初めて見た時はあまりに官能的なデザインに虜になったという人もいるほど、イタリア車は高級になればなるほど一目惚れの確率が高くなります。
デザインが他の外車に比べて段違いに特出しているのです。
また、各車種数十台しか生産しない高級スーパーカーを作るメーカーが多いのがイタリアの特徴です。
パガーニ・アウトモビリ、カヴァーリなど、知る人ぞ知るメーカーもあります。
ジュジャーロ、ザカートなど、デザインのみ請け負う自動車専門の会社も多く、日本のTOYOTAも利用しています。

 

 

 

イタリア車の実力

イタリア車は壊れ易い、オイル漏れが当たり前、などと不評の多いイタリア車ですが、実力は世界トップレベルです。
F1レースではフェラーリ、ランボルギーニといったイタリア車は常に上位にランキングしています。
日本のTOYOTAは足下にも及びません。

 

実用的なら国産車、でも世界を目指すならイタリア車、そんな夢があるのがイタリア車といえます。イタリアはファッション・リーダーの国というイメージが先行していますが、ルネッサンス時代から物作りは盛んで、立派な工業国なのです。

 

 

 

イタリアの交通事情

「ナポリでは運転してはいけない」とイタリアの交通マナーの悪さはよく噂に聞きますが、南に行けば行く程悪いと言われています。
特にナポリは運転の荒さ治安の悪さが評判です。レンタカーはターゲットにされ易いといいますから、慣れていない日本人がナポリでレンタカーを借りるのはよほどの場合でない限り、止めておいた方が良いかもしれません