車線変更がしにくく、対向車への目線も遠くなるので、運転がしづらいです。

あなたはどっち!? ~外車は絶対左ハンドル派~

左ハンドルの画像

 

外車は絶対左ハンドル派、という人がいます。
しかし日本国内で乗る場合、右ハンドルに比べ、左ハンドルはとても運転しづらいのではないでしょうか?今回は、左ハンドルのメリットデメリットについて考えてみましょう。

 

 

 

左ハンドル派のメリット

【左折しやすい】
左ハンドルのメリットは左折する時に、左側の視認性が良いので、歩行者や自転車バイクなどの巻き込みの心配が右ハンドルに比べて少ないといえます。その分右折時は怖いですが、右折の方が右利きの場合は特に視野が右に行き易いので事故の確率は低いのです。
目が行き届かない左側にハンドルがあった方が、巻き込み事故は回避できると言えます。

 

【運転がスムーズに出来る】
元々左ハンドルの車は、ワイパーやウィンカースイッチも左側についていますから、左ハンドルの方がスムーズに運転が出来ます。

 

【左に寄せやすい】
日本は左側通行ですから、駐停車の際、左に寄せて止める場合がほとんどです。
左ハンドルだと、ぎりぎりの幅まで寄せる事ができますし、車体をこすってしまう危険も避けられます。

 

 

 

左ハンドル派のデメリット

【運転しづらい】
これは慣れの問題かもしれませんが、実際に左ハンドルで運転すると、車線変更がしにくく、対向車への目線も遠くなるので非常に運転がしづらくなります。

 

【追い越しが出来ない】
高速道路などで前の車を追い越そうとした場合、車体の低いコンパクトな外車の場合、左ハンドルだと殆ど対向車が見えない時があります。これは非常に怖く、快適な運転の妨げになります。

 

【乗り降りが大変】
左寄せで車を止めた場合、歩道でガードレールがある場合運転席から降りるのはほぼ不可能です。
これが一番のデメリットではないでしょうか。左側通行の国はやはり右ハンドルだよね、と毎回乗り降りするたびに思うはずです。

 

【駐車場やETCの発券が大変】
最近は左ハンドル用の発券売り場も増えていますが、やはり右ハンドル派が主流です。
いちいちシートベルトを解除して発券する手間ひまは、急いでいる時は特にイライラしてしまいます。