日本国内ではスペイン車の認知度はまだあまりないのが現状です。

スペイン車の魅力

 

スペインを代表する自動車メーカー

日本で外車と言えばメルセデス・ベンツやポルシェといったドイツ車が広く認知されていますが、最近では個性を求める外車マニアの間で「スペイン車」の人気が密かに高まりを見せています。

 

日本ではあまり知られていませんが、スペインにも他の西側ヨーロッパ諸国と同様に大手と呼ばれる自動車メーカーが幾つか存在しています。

 

その中でも特に有名なのが「セアト(SEAT)」と呼ばれる自動車メーカーで、あのフィアットとも技術提携していることでも知られています。

 

セアトはハッチバック型の車種が多い事でも有名で、世界ツーリングカー選手権にも参加しています。
現在はフォルクスワーゲングループになっていますが、現在でもセアト独特のデザインを継承しながら生産を続けています。

 

スペインでは「イスパノ・スイザ」と呼ばれる高級車メーカーも有名ですが、このイスパノ・スイザは車だけでなく航空エンジンや兵器の製造を行っていた事でも知られています。

 

ちなみにこのイスパノ・スイザはかつて高級自動車として有名なロールス・ロイスを凌ぐほどの高級車を生産していた時期もあります。

 

 

スペイン車の特徴や魅力について

日本ではまだそれほど知名度は高くないスペイン車ですが、スペイン国内には優れた自動車メーカーが数多く存在しています。
その中でも特に人気が高く、世界的な知名度を持つのが「セアト社」です。
現在はフォルクスワーゲングループの傘下になっていますが、その独特のデザインやフォルムは未だに継承されています。

 

ちなみに日本ではこのセアト製の自動車を正規に輸入・販売しているお店は無いと言われています。

 

セアト社製の自動車は形やフォルムが日本車に似ており、全体的にコンパクトな印象を受けるデザインとなっています。

 

また、スペイン国内にある自動車メーカーの中でも特に「高級」とされているのが「イスパノ・スイザです。
イスパノ・スイザ社が生産する自動車の特徴は「古き良きデザイン」と「古き良きフォルム」です。

 

まるで貴族が乗っているかのような印象を受けるその独特のデザインとフォルムは優雅さを漂わせており、多くの富裕層を虜にしています。