外車のコンパクトSUVの中で、人気の6台をご紹介します。

最近人気!外車のコンパクトSUV

コンパクトSUV外車で人気の高いカテゴリーは大排気量の高級セダン、大型SUVや車高の低いスポーツカーです。

 

昨今は従来から人気のカテゴリーに加えて、コンパクトSUVの人気が高まっています。
コンパクトSUVブームは国内でも起こっています。国産車ではマツダのCX-3、CX-5をはじめ、トヨタCH-R、ホンダのヴェゼルなどが人気車種です。

 

また、コンパクトSUVだけではなく、マツダのCX-8がミニバンのシェアを奪うなど市場全体でSUVはブームになっています。

 

SUVブームは世界でも起こっていて、レンジローバーやベンツのゲレンデなどの大型SUVではなく、各メーカーがこれまで用意のなかったコンパクトSUVを投入して、日本市場にハマっています。

 

 

コンパクトSUVブームを牽引する外車

最近人気になっている外車のコンパクトSUVの中で、国内で人気を集めている車種や高評価を得ている車種をまとめました。

 

BMW X1

低いグレードでは400万円台から購入できて1.5リッターターボエンジンは維持費が安いと好評です。
Xシリーズらしいデザインが特徴で、一目でBMWだと分かる綺麗なシルエットラインを持ちます。

 

モデルチェンジを行い2代目からは駆動方式がFFに変更されたのも、国内で人気を高めた要因です。

 

 

メルセデスベンツ GLA

BMWのX1と正面からぶつかるライバル車種です。
GLクラスのコンパクトモデルですが、重心を低くしてオンロードよりの味付けにしたSUVです。

 

流行しているSUVのスタイリングや室内空間の広さに魅力があるけど、実際のところは悪路を走ることはなく、舗装道路での乗り味を重視したい方にオススメです。

 

 

MINI クロスオーバー

2017年2月にフルモデルチェンジして、最新装備をふんだんに取り入れて荷室の広さを拡大しました。

 

外車のコンパクトSUVの中ではサイズが小さいですが、5ドアの設定をしていてMINIの中では一番大きな車体です。
言われなければSUVだと分からないようなスタイリングですが、悪路や雪道を力強く走れる走行性能を持っています。

 

 

ボルボ V40クロスカントリー

ボルボは欧州メーカーの中でも、長年ステーションワゴンを主力にしていて、SUVとの相性が良いメーカーでした。
V40クロスカントリーはプレミアムセグメントらしい質感を用意しつつ、低燃費性能と運転しやすさに定評がある総合力の高い1台です。

 

実用性やスペックで比較して選ぶ人が多い当サイトお奨め車種です。

 

 

アウディ Q2

1.0リッターのコンパクトエンジンが主力グレードになっていて、国産コンパクトSUVに近い乗り味と取り回しの良さが特徴です。

 

コンパクトSUVは通常のコンパクトカーより高額になりますが、Q2の車両価格は299万円で外車のコンパクトカーと同等の価格帯になっています。
保証の充実している新車のコンパクトSUVを安く買いたい人にオススメです。

 

 

ジープ レネゲード

ジープ初のコンパクトSUVです。ジープのブランド力に憧れを抱いている人から支持されています。
ジープブランドに恥じない高い悪路走破性能を持っているので、コンパクトSUVをアクティブに使い倒したい人や、JEEPオーナーのステータスを手に入れたい方にオススメです。